2018年3月21日(祝・水)プロ自然体験指導者養成講座『2018年版』

日本全国のプロ自然体験指導者を目指す方の養成講座を今年も(3年目)行います。

今まで大学院生、教育、現プロ、市民活動家、大学非常勤講師の方など様々な方にご参加いただきました。

「リピーターの方へ」毎年講師である2人の情報もアップデートされます。

時代は流れても普遍的に教育において変わらない部分と、変わる部分があります。

様々なこぼれ話しとともに、真に子ども達にお役に立つ指導者の養成に貢献できるプログラムとなっております。

どうぞ気合と情熱を持ってお申込みください。

【申込みはこちらから】

↓  ↓   ↓  ↓
2018年3月21日(祝・水)ガチンコ!プロ自然体験指導者養成講座『2018年版』

12年間現場で身に付けた技術、ノウハウを1日にギュッと凝縮しました。
自然体験の技術の中でも指導方法、指導者の在り方に特化した講座です。
私たちは自然体験の指導方法、在り方を「芸」という枠組みで考えております。
「芸」は練習と本番で磨かれます.
少人数で濃密な時間を過ごせれば幸いです。
ご参加お待ちしております。

◎ガチンコ!プロ自然体験指導者養成講座とは?
指導者としての「芸」=現場で使えるスキルを磨き、それぞれの目指す“理想の指導者像”を『ガチンコ』で探求していく会です。
プロ、アマ、研究者など肩書きは不問です。プロ意識のある方ならどなたでも参加できます。
学生の方へ 講座に参加していただくと「ものの見方・とらえかた」が変化してもらえると思います。どうぞご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018年3月21日(祝・水) ガチンコ!プロ自然体験指導者養成講座 

子ども達1万人以上、ボランティア養成千人以上の指導から導き出した子ども達のわくわくを高め惹きつける5つの方法をお伝えします!

一生モノの使える技術、考え方を手に入れてください。明日から使えます。

『講座内容』
1つ目:子ども達のモチベーションを高めるプログラムの作り方 「静」 と「動」について
2つ目:指導者(演者)として子ども達の「集中力」を引き出す言葉の使い方、プログラムの作り方 「発散」 と 「収束」について
 ※発達に合わせた(4歳~10歳まで)惹きつけ方 
3つ目:指導者(演者)としての呼吸の使い方、間のとり方
4つ目:日本的自然体験の方法論 四季を使いこなしプログラムに落とし込む方法
※発達に合わせた(4歳~10歳まで) 興味を持つ「自然物」、持たない「自然物」の違いを解説
5つ目:子ども達が好きな「優しい鬼」に基づく指導論

日程:3月21日(祝・水)参加費:12,000円
(学割:10,000円:当日学生証を提示してください)
リピーター:10,000円
当日現金でお支払いください。
定員:10名
対象:高校生以上(現役プロ・研究者大歓迎)
※教育・保育関係者、心理職、教員を目指す学生、自然体験の指導者を目指す方、野外活動・自然体験関係者、その他子育てに自然体験を取り入れたい方など
時間:10:00~17:00分まで *昼食(軽食)あり。皆で簡単に作ります。
場所:ハーベストの丘 デイキャンプ場
(受付場所:玄関前 9:45分~受付開始いたします)
住所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1
『注意事項』
当日の動画、写真撮影、録音等はお控えください。予めご了承ください。
※雨天決行(警報が出た場合は中止とします)

講師プロフィール:自然大陸 副理事 三島 昂彦、益田 宗
小学校への環境教育の導入、教員研修、評価授業講師から大学、専門学校、高校、福祉施設での講師業、企業のCSR,企業研修の企画運営、自然学校の運営、塾の自然体験コーディネート等を担当。
専門分野:自然体験学習(自然教育)、人間関係トレーニング

昨年度:自然大陸 講師2人が朝日新聞に掲載されました!
http://www.asahi.com/articles/ASJ593R7WJ59PTFC00D.html

●持ち物
飲み物(1リットル程度)、昼食(足りなさそうな方)、着替え(汚れた時のため)、カッパ、長靴、タオル。
当日の服装は汚れても大丈夫なもの、動きやすい靴。
●アクセス
泉ヶ丘駅からバスターミナル6番乗り場「ハーベストの丘」行 9時20分発乗車
南海路線バスにて約20分。

主催者:一般社団法人 自然大陸 

〒542-0071大阪府大阪市中央区道頓堀1-2-15(8F)
TEL :090-9283-6953
FAX:050-3737-8972    
HP:http://www.shizentairiku.com/
Facebook ::http://www.facebook.com/sizentairiku

Facebookからコメントする

comments